生きている海苔。大阪市中央卸売市場からお届け。

■「特正」定番アイテム

高品位えび
無添加えび
有頭えび
無頭えび
お刺身
日本の逸品
世界のグルメ
かに
貝
いか
えび加工品
その他加工品

■特正で取り扱うえびに関して
■特正ご利用ガイド

お客様サポート

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
赤い日付はお休みを頂きます。ご注文・お問合せに対する対応は翌日以降になります。ご了承お願いいたします。


アイコン説明

NP後払い
top 商品一覧 お買い物かご ご注文から発送まで
生きている海苔看板

日本人の99.9%は、生きている海苔を食べたことがない。

「生きている海苔」は、海から摘みたての、新鮮な【生】の海苔をそのまま特殊な冷凍技術によって、長期保存できるようにした商品です。

口に含んだ瞬間、広がる磯の香り、そして「本当の海苔」の歯ごたえ。

これまで味わえなかった本当の海の”食感”と、旨み・香りをお楽しみ下さい。

海苔漁

海苔は、とてもデリケートな生き物です。冷たい風が身をさすような真冬の海で育つ海苔は、微妙な温度変化や環境の変化で死んでしまいます。暖かいところはもちろん、冷蔵でも、生のままでは3日と持たず、普通に冷凍すれば、その繊細な細胞が壊れてしまいます。そのため、生の海苔はほとんど流通していませんでした。

しかし、このデリケートな海苔を、生きたまま特殊冷凍することに成功しました。

冬限定で漁師しか味わえなかった生の海苔…。この希少価値の高い食材、夏場でも、一年中いつでも、召し上がって頂くことが可能になりました。

■「生きている海苔」の生まれたところ

生きている海苔製造工程

生きている海苔の美味しさは、徳島県の大自然なくして語ることはできません。

生きている海苔は、一級水系の吉野川の河口域で生産される黒海苔のみを使用しています。特にこの吉野川は、四国三郎と渾名される日本三大暴れ川のひとつとして全国的に有名です。有史では、886年(仁和2年)から記録がある程、日本屈指の水害をもたらしてきましたが、同時に流域の生命線として多大なる恩恵を与えてきました。

また、吉野川の河口域より北側には、渦潮で有名な鳴門海峡があります。複雑な海底地形も影響し、鳴門海峡の潮流は大潮の時には20Km/hに達することもあり、これは日本一早く、世界三大潮流のひとつに数えられているほどです。

吉野川の栄養豊富な淡水と、鳴門海峡からの潮流がバランスよく混ざり合う、大変めぐまれた海域で生きている海苔は育ちました。大自然の恩恵を受けた生きている海苔の、味・香り・食感をぜひ、ご賞味ください。

■「生きている海苔」は、土のついたゴボウです

自然豊かな海では、いろんな生き物が共生しています。エビやカニ、海鳥や昆虫、他の海草や藻屑等。また、さまざまな漂流物に出会うことも少なくありません。小枝や糸くず、漁に使用する道具の切れ端、砂や小石などなど。

生きている海苔は、漁師が海から摘み取ってきた黒海苔をほとんど人の手を加える事無く、無添加で袋詰めしております。言わば、海を丸ごとすくい取って袋に詰め込んでいるのです。

そのため、商品中に海の侠雑物が混じっている事があります。「生きている海苔」は生鮮食品です。土付きのゴボウや水揚げしたままの魚と同じです。品質管理には十分配慮しておりますが、鮮度保持の為、その全てを分離・除去することはできません。

この点をご理解頂き、調理・加工される際は十分注意して頂く事を強くお願い申し上げます。

■「生きている海苔」の保存方法・解凍方法

海苔ごはん

冷凍庫にて保存してください。

お召し上がりの際は、必要量だけをキッチンばさみ等で切りザルに入れて、流水(冷水)でほぐしながら洗い解凍します(お湯は使用しないでください)。

お刺身で召し上がる場合、冷凍された状態で1人前3〜5g程度が目安です。冷凍状態に比べて2倍程度にふくらみます。解凍後、ザルからあげて手で水気をよく切ります。

時間をかけての解凍は品質の劣化につながります。

まれに赤く変色している場合がありますが、既定の保存条件及び使用方法内ですと品質に問題はございません。

再凍結はできません。残った場合、湯通しをするなどして保管・使用をお薦めします。

稀に海苔以外の珪藻類が付着している場合がありますが、品質に問題はございません。

本製品には、かに・えび(特定原材料等の名称)が混ざる漁法で採取しています。

■「生きている海苔」の調理例

そのまま、お醤油で合わせて「海苔のお刺身」として。三杯酢・すだちポン酢であっさりと。これ以外にも、みそ汁の具材、海苔の天ぷら、パスタのソース、等々、いろいろなメニューにアレンジしてお使い頂けます。


調理イメージ

↓↓↓お買い物はこちらから↓↓↓

生きている海苔
50g
商品番号: 001226-1
海苔盛付け例
生きている海苔パッケージ
パッケージのデザインは変更になる場合があります
価格: 1070 円(税込み)
数量:

開封し、流水で洗いながら解凍すると、2倍程度に膨らみます。

お刺身として、三杯酢で、また様々なメニューにアレンジしてお使い頂けます。

必要な分だけ調理バサミ等で切り、残りは冷凍保存してください。

ファミリー向け ギフト向け 業務向け 生食可
名称 生きている海苔
原材料 生のり(スサビノリ)
原産地 徳島
内容量 50g
賞味期限 冷凍で半年
保存方法 冷凍にて保存してください
加熱の必要性 解凍後、生食でお召上がり頂けます
ポイントに関して 本商品は、ポイント還元されます。詳しくはこちらまで

冷凍品・冷蔵品混在のご注文でも、追加送料は頂きません。

Copyright(C)2004,2017.Tokushou Co., Ltd. all rights reserved.